MENU

ハクアージュの副作用危険度を徹底解析!敏感肌でも安全に使用可能?

 

今回はハクアージュの副作用について紹介していきます。

 

結論から言うと、ハクアージュには副作用危険度の高い成分は使われていないので、敏感肌でも安全に使うことが出来るでしょう。

 

ハクアージュの全成分が知りたい人はこの記事を、一番お得にハクアージュを手に入れたい人は公式サイトを確認してみて下さいね!

 

 

成分名 副作用危険度 効果
アルブチン 過剰なメラニンの生成を抑えて、しみ・そばかすが出来るのを防ぎます。
トラネキサム酸 メラノサイトの活性化を抑制し、肌荒れを防ぎます。
3‐O‐エチルアスコルビン酸その他の成分:BG 美白作用・抗老化作用があります。
ペンチレングリコール 保湿効果とともに、防腐効果もあります。
濃グリセリン 角質層に働きかけ、柔軟化します。
シュガースクワラン 保湿効果の高い成分です。
グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液 表皮細胞の保護と保湿に効果があります。
カラメル 着色料です。
甘草フラボノイド 色素が沈着するのを防ぎます。
ヒアルロン酸Na‐2 保水力が非常に高い成分です。
プルーン酵素分解物 抗老化作用とともに色素沈着を抑える働きがあります。
チンピエキス 美白効果があります。
酵母エキス‐3 旨味があり豊富な栄養があります。
ワイルドザイムエキス 色素沈着を防ぐ以外にも、保湿作用や収れん作用も見込めます、
水溶性コラーゲン液‐3 保湿効果があります。
アルピニアカツマダイ種子エキス メラニン色素が過剰に分泌されるのを抑制します。
アーティチョークエキス 毛穴を引き締めて、黒ずみを目立たないようにします。
トリエチルヘキサン酸グリセリル 感触改良のために用いられている成分です。
ジメチコン 感触をよくするための成分です。
ステアリン酸 化粧品のベース剤として用いられています。
ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル・オクチルドデシル) 保湿やアンチエイジングに期待できる成分です。
SEステアリン酸グリセリル 非イオンの界面活性剤です。
グリセリンモノステアリルエーテル 増粘剤です。
イソステアリルアルコール 配合することによりべとつきを抑えます。
ステアリン酸PEG 非イオン界面活性剤です。
ステアリン酸ポリグリセリル 界面活性剤ですが肌に浸透しにくいものです。
POEベヘニルエーテル 成分を乳化させるために用いられています。
トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル エモリエントや感触をよくするために配合されています。
大豆リン脂質 乳化目的、また成分mン御効果を促進させる目的で配合されることが多いです。
β‐シクロデキストリン 配合することで、溶けにくい物質を説けやすくします。
水添ナタネ油アルコール 乳化させた成分の安定化をはかります。
ベヘニルアルコール 乳化を助ける成分です。
キサンタンガム 増粘効果があります。
疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロース 増粘効果や表面処理のために配合される非イオン系界面活性剤です。
ステアロイルグルタミン酸Na 乳化目的で配合される界面活性剤です。
ジエチレントリアミン5酢酸Na液 キレート作用をもたらします。
クエン酸 細胞が酸化するのを防止します。
クエン酸Na キレート効果があります。
天然ビタミンE 毛細血管まで拡張して血流をよくするので、肌荒れも解消します。
ピロ亜硫酸Na 酸化防止、漂白目的で使用されています。
フェノキシエタノール 防腐効果に期待され配合されています。

 

副作用危険度:当サイトの判断基準で記載しています。

 

ハクアージュに含まれている成分と副作用の危険度を一覧表にしてまとめてみました。

 

ハクアージュには41種類もの成分が使用されていますが、副作用を伴う成分はありません。

 

防腐剤が少々含まれていますが、問題ない程度です。

 

ハクアージュにはよく化粧品に含まれているが、お肌の負担になりやすい成分9つ(パラベン・紫外線吸収剤・石油系界面活性剤・合成香料・旧表示指定成分・アルコール・合成ポリマー・合成着色料・鉱物油)が全て無添加になっています。

 

また、ISO9001品質だけでなく、国際基準であるISO22716化粧品GMP(優良製造規範)を満たしている国内工場で100%製造していることからも、非常に安全性が高いといえるでしょう!

 

ハクアージュは医薬部外品なので、その効果・効能は厚生労働省が保障しています。

 

肌に優しく、安全性の高いシミ消し化粧品をお探しでしたら、ハクアージュがオススメです!